読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クラブロクラブ

自然な波に乗せられて

したたらず

久しぶりに訪れた友人宅で、美味しいコーヒーを淹れてもらいました。

 

学生時代からの友人ですが、その友人は当時からコーヒーにはこだわりを持っていたので、豆を煎って、挽いて、淹れている姿を何度か見ていましたが、それは今も続いているようです。その頃はまだあまりコーヒーが好きと言うわけではなかったので、まったく未知の世界という感じでした。

それからしばらくして、よくコーヒーを飲むようになり、だんだんコーヒーが好きになってきました。家で一息つきたいときも、仕事に集中したいときにも、喫茶店で本を読むときにも、選ぶのはコーヒーということが多くなりました。とはいえ、こだわりがあるかというとそういうわけでもなく、インスタントコーヒーで十分満足していました。

 

先日、たまに行くコーヒーショップで、美味しいコーヒーの淹れ方を教えてくれたり、いくつかの種類のコーヒーを試飲させてくれたり、という会が開催されるということでしたので、少しとまどいながらも思い切って参加してみました。ここのところ、コーヒーへの興味がいつもよりも少しだけ高まっていたのです。

 

参加したからといってすぐに何をどう変えたということはありませんが、家で飲むコーヒーをインスタントからドリップへ変えようかな、と思い始めました。

 

それからしばらくして、冒頭の友人宅での美味しいコーヒーです。

コーヒー飲むかと聞かれ、飲むと答えます。インスタントコーヒーなら、あっという間に出てくるのでしょうが、そうではありません。ゴリゴリゴリという豆を挽く音を聞きながら、私はいつの間にか他事を考えていました。ほどなくして、お待たせ、と出てきた淹れたてのコーヒーを味わいました。深みとか、苦みとか、酸味とか、コクとか、コーヒーの味を表現するにふさわしいいくつかの言葉は知っていますが、そのコーヒーの味をどう表せばいいかわかるほどには詳しくありませんし、味覚に繊細でもありません。しかし、それでもそのコーヒーは確かに美味しかったので、自然と、ああ美味しい、と口にしていました。

 

 

ほんの少しの手間をかけるだけで、日々の生活が豊かになることがあります。

いつからその手間を惜しむようになってしまったのでしょうか。

私はそれでもまだドリップコーヒーにはしていないのです。

 

ここに書くことで、ようやくドリップコーヒーにする決意を固めました。

明日からはドリップコーヒー生活です。