クラブロクラブ

自然な波に乗せられて

三点倒立

具体的な目標を立てるのが苦手です。たとえば何かをしようと思ったとき、自分自身だけで完結する事柄については、特に目標を立てなくても何も問題はなかったりするのですが、そこに自分以外の誰かがかかわってくるときには、少しばかり問題が生じてきます。

複数人で抽象的なものに向かっていくには、かなりの程度で一体化ができていないと難しいのですが、そうそうできるものではありません。そうなると、とれる方法は2つあり、ひとつは抽象的なまま一人で向かう、もうひとつは具体的な目標を立てる、ということです。

私が得意なのはおそらく前者でありまして、このスタンスでうまく進んで行くことばかりならどんなに生きやすいかと思うのですが、現状はそうではありません。問題は、今必要なのは後者だということです。

物事が動くにはエネルギーが必要になり、目標はそのエネルギーを生み出すための推進力となります。目標は抽象度に幅があり、人にはそれぞれ得意な抽象度があるのではないかと思います。自由を求める一方で、あまりに自由だと逆に窮屈に感じたりするのと同じです。

 

私にとって心地よい抽象度と推進力が最大になる抽象度が異なり、さらには求められる抽象度ともまた違っています。これらのバランスが見事に取れる一点を見つけ出すか、それぞれを器用に使い分けていくか、いずれにしても、難儀なものです。