読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クラブロクラブ

自然な波に乗せられて

こぼれたミルク

お盆です。私の家では、お盆らしいことをする習慣が薄かったのですが、なぜか今年は妹を除いて家族がみんな集まりました。

 

悲しいかな、私が私らしさを一番発揮できない集団、それが家族です。

私は家族の時間が極めて苦手です。家にいる間はモゾモゾとした時間が続きます。別に家族が嫌いとか、特別仲が悪いとか、そういうことではないのですが、とにかく居心地が悪いのです。

 

もともと自分のことを積極的に話すこと、聞かれることが苦手なタイプです。あまり事細かに自分のことを知られたくないのです。人の話を聞く分にはいいのですが、自分の話題は基本的には苦手なのです。

もちろん、話したいことがあれば聞いてほしい人に話したいのですが、必要以上にたくさんの人に話したくないし、聞かれたくありません。

このブログを書いていても、私の知人はほとんど知りませんし、知らせたくもありませんし、知られたくもありません。Facebookで自分の私生活について公にしている人もいますが、私は私の行動についてなんでもかんでも知られるのは嫌なので、趣味趣向についてまれに記す程度がちょうどいいです。

 

そんな私に、家族は次から次へと様々なことを聞きたがります。心配しているのでしょうが、とにかく私はそれが本当に嫌です。余計なことを言い、余計なことを聞き、余計なことをしたがる、それが本当に嫌です。

 

それに加えて、歳を重ねるにつれて、見えなくてもいいようなところも見えるようになってきてしまって、なんでそんなことを言うのだろうか、するのだろうか、そういうことが積み重なって、少し嫌な気持ちになってしまいます。

 

いつもそんなことを感じてしまいます。

だから私自身、いつもなんとなく情けない気持ちになります。

それも含めて、本当に嫌です。