クラブロクラブ

自然な波に乗せられて

切り札

アナログな遊びのいいところは、その広がり方に限りがないことです。

NOで少しトランプに触れましたが、私が大好きなトランプはその最たるものです。

 

小さいころからトランプに親しんでいましたので、いろんな遊びをしました。

一人用のゲームや複数人で楽しむゲーム、占いや手品、ピラミッドを作ったり、投げる練習をしてみたり、適当に選んだカードが何かを当ててみたり。

 

一番好きだったのは大富豪(地域によっては大貧民)と呼ばれるゲームです。

一人で3~5役くらいまででやることが多かったのですが、時には一人54役という、何が面白いのかよくわからないことにも挑戦してみたりしました。

おかげさまで、大富豪はわりと強いほうだと思います。普通は1回分の経験値しか得られないところですが、私は何役もやっていますから1回でも4,5人分の経験値を得ることができるのです。しかも、何人か集まらないとできないのではなく、一人でもできるわけですから単純にプレイ回数が多いはずです。やはり平均と比べるとその経験値は以上に高いと思います。

このように、私自身はいたって普通に一人で何役もやっていたのですが、大人になってからその話をすると、世間ではそんな人は稀なようです。

 

さて、そんな少年時代を過ごしていますから、一人で遊ぶことには慣れていますし、一人でいるほうが落ち着くときもあります。

 

世の中には悲しいかな、自分のことを好きになれない人たちも多くいます。

自分に自信なんかなくたっていいし、他人に評価してもらわなくたっていい。

自分のことは無条件に自分で肯定する。

それだけで幸せなんだと気がつくこともあります。