クラブロクラブ

自然な波に乗せられて

今日と明日も明後日も

趣味が偏っている私としましては、多少はいわゆる人並みの楽しみも味わえるような感性を養いたい気もあります。

 

いろんなことについての成長が遅いので、たとえば同年代が当たり前に通っている道も、随分と遅れて通ります。

たとえば身体の発育・発達も当然遅くって、背の順ではだいたい先頭争いしていました。

音楽を聴くようになるのもここ5年くらいの話ですし、ドラマや映画もさほど観る習慣があるというわけでもなく。

これらはほんの一例で、物事の好さとか、楽しさとか、心地よさとか、そういったものを本当にじっくりゆっくり理解し、興味を持っていくみたいです。

 

さて、先日、お世話になった方々の活躍する場を応援しに行くために、京都に行くことになりました。

同じくその方々にお世話になった面々で連れ立って行ったわけですが、せっかくだからということで、ついでに紅葉狩りなんかにも行きませんかなんてことになりまして。

 

そもそも旅行とか観光とか、別に嫌いなわけではないですけど、あんまり好んで行くわけでもなくて、正直な話、どう楽しんでいいものかよくわからないところがあったんです。

でも、最近、そういういわゆる一般的な楽しみもいいなあと思っていたところでそんなことになったので、なんてグッドタイミングなんだろうかと。

すべて企画はお任せしてしまいまして、ひたすらついて回るというだけだったので、旅慣れしてない者としては大変助かりました。 

 

 

朝は早かったです。

まだ日ものぼる前に電車に乗ります。企画者いわく、昼前後はかなり混むから朝から行った方がいいと。

内心、そこまで早いのはちょっと、と思いつつも、まあ預けた身ですから我慢して早起きしていきました。

これが大正解。

お寺や神社など、いろんな見どころを紹介してもらいながら紅葉、それから竹林も堪能しました。

おなかもいい具合にすいてきたので少し早めのお昼をいただきまして、そのあともしばらく歩き回りました。

そうこうしながら駅の方へもどっていくのですが、なにやら人が増えてきているような気がします。

駅の近くにとってもいい橋があったのですが、朝はたいして人もいなかったのですが、戻ってきたら大混雑。同じ橋とは思えないほどに。

この人たちは、私たちが行ってきたところをこれから巡るのでしょう。これだけの人が一度に行く事を考えると、すいてる時に行ってよかったなと。つくづく思うわけです。

 

昼過ぎにはもともとの目的であった場に行きました。

もう、午前中が充実していたので、おまけみたいな感じになってしまいました。

とはいえもちろん行ってよかったんですが。

 

夕方、これまた少し早めの夕食を。

企画者はここでも混んでいるといけないので、手帳にリストをつくっておりました。

時間帯もよかったと思いますが、第一候補だった店に入れましたが、この用意周到さ。

いつもよりちょっと贅沢なおいしいお食事を、いつもよりちょっとゆっくり楽しみました。

 

これで終わりではありません。

紅葉のライトアップがとてもきれいだということで。

歴史の上に成り立った自然と人工物の調和がとっても素敵でした。

 

満喫という言葉が本当にぴったりくる旅でした。

帰りの電車までも短く感じました。

 

 

行き当たりばったりの私。

連れ立って行った面々の中での役割は、これまでの私と大して変わりませんでしたが、旅というもののイメージが一新されました。

ようやく旅を楽しむためのスタート地点に立てたみたいです。 

次の日も、その次の日も、ふとした時に旅を思い返してみたりしていました。

 

 

慣れないことを書いたので、なんだかいつもと違う雰囲気の文章になりました。