クラブロクラブ

自然な波に乗せられて

はじめの一歩がながめの一歩

ブログをはじめる決意をしたものの、やはり重い腰はすぐに上がりません。
何かをはじめる場合、そういったジレンマはどうしてもつきまとうものなのでしょう。

それでもなんとかようやく重い腰を上げようとしました。


その日は用事をいつもより4時間ばかり早く切り上げて、今日こそブログをはじめよう、そう思ったのです。

まず食事を済ませ、万全の態勢でパソコンと向き合います。


ブログ、実は過去に2度、経験がありました。
一つは5人で順番に想いの丈を綴るもの、もう一つは3人が毎週何かしらの記事を書かなければならないというものでした。
どちらも私が思いついて書き出したわけではなく、やろうといわれてはじめたものでした。
それでも、少しだけ緊迫感があったものの、それも含めて楽しんで書いていました。


ブログを書いた経験はあっても、ブログを開設した経験はありませんでした。


誰かが「ブログなんて簡単にはじめられるよ」と言っていました。

はじめるなら、気に入ったブログサイトではじめたい。
はじめるなら、気に入ったIDではじめたい。
はじめるなら、気に入ったタイトルではじめたい。


何をもって「簡単」というかは人それぞれです。
開設まできっちり4時間かかりました。


はじめての投稿は、それから8日後のことでした。