読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クラブロクラブ

自然な波に乗せられて

ブログ、はじめてみますか?

はい、はじめてみます。

 

最近の私はイライラしっぱなしです。
今年の8月終わりごろから、私にとって重大な出来事が急に立て続けに起こりました。
それが、思った通りどころか思った以上に悪い方向に走り続けているのです。

 


知人がブログを開始したのは昨年のことだったでしょうか。
はじめはただの「日記的なもの」だったのですが、
いつしか思想と言いましょうか、考え方や信じる方向性などが表出されるようになってきていました。
しかもその文章がうまい。
私の稚拙な表現ではとても追いつかないのですが、
読む者の心に刺さってくるような、時に自分自身のことを振り返らざるを得ない気持ちにさせるような、
それでいてなんとも気持ちのいい文章なのです。

でも、影がある。

まるで皮下脂肪がついてしまったので必死に燃焼させようと有酸素運動をしているような文章です。


問いました。

皮下脂肪と有酸素運動のたとえが適切かどうかは別として、やはり思った通りでした。
嫌なことがあると更新する頻度が高くなるようです。
心のモヤモヤを、文章をつくるという行為が和らげるのです。
しかも、ブログという、誰もが見ることのできる媒体だからこその表現になっている。
これは面白い。

 

昔から国語の授業は苦手でした。読書も得意ではありません。
でも、文章をつくることは知らないうちに好きになっていました。
でも、ここのところ、まともに文章をつくる機会も減り、文章をつくることに対する意欲も低減していました。
いい文章はいい状態でないと生み出せないのではないかとも思っていました。
時間もなく、落ち着きもなく、ただただひたすらな生活の中で、必要以上に遠ざけてきていたようです。

 

心の状態が悪い時ほど人の心をつかむ文章をつくる人が身近なところにいました。
つくり手自身にとっても心を穏やかにし、考えを整理する手段となっているのです。

 

私、ブログ、はじめてみます。
どうぞお付き合い。