クラブロクラブ

自然な波に乗せられて

心理的な安心感

2ヶ月ほど前。いろんな人にいろんなことを手伝ってもらいながら、なんとかやり過ごしていたものの、とにかく精神的に慌ただしく、何かに追われるようなあるいは押しつぶされるような感覚がしばらく続いていました。 この日は、以前知人に大雑把にお願いした…

ホンモノ

一万円選書という、類い稀なる才能に基づいたサービスがあります。 その人に合わせて一万円分の本を選んでくれる、というサービスです。 北海道の小さな書店がもう何年も前にはじめたこのサービスは、何度かメディアに取り上げられたことで広く知られるよう…

徳不孤 必有隣

頑固、と言われることがよくありますが、私自身はさほど頑固ではないような気がしています。基本的に人に合わせるし、断ることも苦手で、Noと言えない日本人は私です。 前職のおよそ5年間は、日常的に喜怒哀楽が入り混じった日々ではありましたが、喜や楽は…

反射波

いつの間にかもう7月が終わろうとしていることに少し驚いています。 カラフルな白を書いて以降、本来なら書きたいと思う出来事や考え事などがずいぶんとたくさんあったこの4ヶ月、結局何も書かずに、というよりも書く体制に入ることができずに放置していま…

カラフルな白

Superflyのライブに行きました。 ライブとコンサートは基本的に同じ意味だと思われますが、受ける印象は若干異なります。コンサートと聞けばゆったりと音楽や歌を聴くことを楽しむような、席に腰かけて楽しむような、ライブと聞けば音楽や歌に合わせたそのノ…

あらまほし

3月11日は毎年やってきます。今年も来ました。 この日はあまりテレビをつけたくありません。 この日流れる映像を見て、この日綴られる文章を読んで、この日語られる言説を聞いて、私はいったい何を想えばいいのかわかりません。 明るく、楽しくしていてはい…

一人より二人だけど二人より一人

落語を観に行きました。 年に1回、同じ場所で開催される二人会、昨年の身震いするほどの感覚が忘れられずに、今年も観に行きました。異なるのは一緒に行く友人がいたということです。 私の年代ではあまり興味を持っている人が少ない分野ですので、なかなか人…

ストロベリーシェイク

ここ5年ほど私の最も好きな歌手に位置しているのが中島みゆきです。 一昨年の年末にライブDVDを2本買いました。それまで耳でのみ聞いてきた曲が、映像となって現れたときに、身震いしたことを覚えています。 それから1年と少しが過ぎました。 念願叶った…

エンドレスリピート

二人の友人に会った次の日、また別の友人に会いに行きました。 待ち合わせたのは何度も何度も利用していた、けれども今となっては降りる度に見慣れなくなっていく駅です。待ち合わせといっても、間もなく1歳になろうかという〇ちゃんがいるので、外に出られ…

スーツケースと電車

待ち合わせたのは初めて降りる駅でした。もうすぐ12時半になろうかというところでした。 改札を出て、ほどなくすると二人がやってくるのが見えました。その二人はお互いに唯一無二の親友と言える関係です。私にとっても二人はとても仲の良い友人たちです。 …

遠近法

人と人の距離感は難しい。この問題から未だに逃れられないでいます。 人と人との関係を円滑にしていくためには配慮や遠慮がどうしたって必要です。それでいて、場合によっては遠慮しないという配慮や、配慮しないという遠慮もあったりします。遠慮しない配慮…

けんけんぱ

75歳になったばかりのその人は、大勢の前で自らが進んできた道のほんの一部を淡々と遠慮がちに時折マイクを持ったまま手振りを交えて話しました。それがいかにその世界を大きく動かしてきたかということなど、まるで興味がないかのように。 私が前の会社に勤…

3度目の正直の前の2度目

私が初めて勤めた会社の社長は、その時すでに70手前くらいの歳でした。その世界では名実ともに偉大な存在なのですが、私自身はもちろん名前は知っていたし、大まかにどんなことをした人なのかは耳にしたこともあったのですが、正直なところどんな人なのかは…

大掃除後の数日間

早いもので、もう大晦日です。 たとえば新語・流行語大賞は、その年の後半に流行ったものの方が有利というようなことがまことしやかにささやかれるように、年の瀬に一年を振り返って何かを書こうと思っても、どうしてもせいぜいここ3,4か月に感じたことが中…

鐘が鳴る

この季節、柿畑の横の道を通るといたるところで無人販売が行われています。 1袋に柿が5つほど入って、小さなスペースにずらりと並んでいます。 横には100円と書いた缶が置かれています。 この時期、柿はもちろんスーパーなどでも扱われていますが、無人販売…

野放し

知人に勧められてやや値の張る低反発枕を買ったのは6,7年前のことだったと記憶しています。思えば長く使ってきたものです。 安物の寝具7点セットを買う機会があって、その中の一つ、安物の枕が手元に来たので、試しに長らく使ってきた低反発枕を温存して、…

自家製なめたけ

出張ついでに友人一家に会いに行こうと思いました。めずらしく早い段階で連絡をしたところ、その日はお昼前後に句会があるらしかったのですが、せっかくなら句会に参加しませんかというご提案を頂きました。あいにく私もお昼は予定が入っていたので、句会に…

ぐにゃぐにゃ

この夏、陶芸体験に行きました。 忘れたころに焼きあがったコップとお皿が届きました。 少し歪んだコップは思ったよりも小さかったのですが、ちょっとコーヒーが飲みたいなという時に、いつも使っていたコップよりも贅沢な感じがします。 家にあるお皿では大…

したたらず

久しぶりに訪れた友人宅で、美味しいコーヒーを淹れてもらいました。 学生時代からの友人ですが、その友人は当時からコーヒーにはこだわりを持っていたので、豆を煎って、挽いて、淹れている姿を何度か見ていましたが、それは今も続いているようです。その頃…

豚肉と白菜

海外出張の際に連れて行ってもらった中で最も印象的だったのは、世界屈指の博物館です。中でも最大の目玉である豚肉と白菜には心奪われました。 午前中からすぐに観光客が団体で押し寄せるため、そうなってからではゆっくり見学することはできません。ですの…

4×6×2=48

前の職場で一緒に働いていた方が、今は海外で仕事をしておりまして、今後のこともあるから一度いろいろと見に来てみたらどうかと誘われたのはずいぶんと前のことです。 私もその機会をうかがってはいたものの、なかなか都合がつかずにいたのですが、とあるイ…

子ども心と秋の空

友人の結婚式の翌日、昔懐かしのいつものメンバーが連れ立って遊びに行くことになりました。結婚式に出席するにあたって、私は地方から出てきていたので当時の相方である友人宅に泊まるり、翌日一日空けてその次の日の早朝にまた遠出する予定でしたので、空…

謝らなくていいから納得させて

人には多面性があるものですが、ご多分にもれず、私も同様です。 私は基本的な性質はおとなしい方だと思います。しかし、仲間内のイベントごとなどでは必要以上に張り切ってしまう癖があります。なんとか盛り上げようとするエンターテイナー気質と言えば聞こ…

喉元過ぎても熱さを忘れず

大学時代の同期の友人の結婚式は午前中に始まるため、地方に住む私は、前日から大学時代の相方とも呼ぶべき友人宅に泊めてもらいました。 その友人は、披露宴での余興にも参加すれば、受付も頼まれていて、それに比べれば私なんてのは気楽なもので、特に何を…

数学

大学時代の同期である友人の結婚式がありました。 友人が少ない私ですが、大学時代は例外です。 私たちの代は、他の代に比べて同性の人数が少なかったのですが、卒業して10年が経とうとする今でも、変わらず関係を保っています。その仲間を軸足においていた…

始発駅

3週間ほど前、旅行代理店に勤める友人に連絡をとりました。というのも、ひさしぶりに海外に行くことになったからです。 ちょうど出発の2日前に共通の友人の結婚式があるため、私の住む街から結婚式が行われる街に行き、そこでの滞在を経てからそのまま海外…

スマートに生きる不器用な人

先日、待ち合わせの時間まではまだしばらくあったので、カフェに入って少し仕事をしてました。 隣の席に座ったのは、私と同世代くらいの男女でした。女性が旅行に行った時の話や同行した人の話を落ち着いた関西弁で話していました。男性は真剣そうに話を聞き…

センスはないけど

なんとなしに促される形で、とある散髪の話をしました。 私は出来上がったおもしろい話ができるタイプではないので、ネタとしての話とかエピソードみたいなものがほとんどありません。 しかし、散髪の話を促したその人は、この話をやけに気に入っているよう…

ファジーデイズ

私が関わるとある組織の話です。 中心となっているのは60歳前後の方々です。数年前から少しずつそこに関わることになり、今年に入ってからは私の意思とは無関係にわりと遠慮なく呼び込まれるようになりました。 先日、その組織の年に1回あるかないかの大きな…

もうやめてください

関わらなくてすむなら関わりたくありません。心の底から嫌いな人がいます。 ここまでの嫌いという感情は、中学校の同級生に感じて以来のことです。 知り合ってすぐに苦手意識を持ちましたが、それからすぐに決定的に嫌いになりました。1年ほど前の事です。…