クラブロクラブ

自然な波に乗せられて

On Your Mark

あけましておめでとうございます。 その年にあったことについては、できればその年のうちに書いてしまいたいという気持ちはあるのですが、さすがに師走と言うだけあって、師でもないのに何かとバタついてしまいました。年末に少し時間もあったのですが、どう…

渦巻き

続いては、同期の友人で、これはまた天然というにふさわしい、しかしそれでいて繊細さと鋭さがあるような人です。 遅れて合流したこともあってか、最初は探り探りのスタートだったように思います。友人の偉大な特性の一つが食への欲求に対するがすがすがしい…

ミスマッチ

一泊させてもらう友人の奥さんは共通の後輩で、いつも私をいい具合に馬鹿にしてくるのです。遅れること40分、4番目にやってきたこの日もやはりそうでした。 いつものように私の声が聞き取りにくいことを嘲り、ひと月ほど前の旅行のときの私の声のこともみん…

ゆらゆら揺れる高温の炎

その店に三番目にやってきたのは、大学の同期であり私の中では特殊な関係の友人でした。 巷では、異性との間には友情が存在するのか、という昔ながらの問いがいまだにあると思うけれど、私にとって、たぶんこの友人がそれにあたるのだろうと思います。 2年半…

ぼんやりとした薄暗い部屋で

この日は友人宅に泊めてもらいます。 ひと月前は泊めてもらう予定が、やむにやまれぬ事情から徹夜仕事になってしまったために早朝に落ち合うということになってしまっていたのですが、今回はそうはなりません。夕食からともにすることになっています。古い友…

ドタおじさんの腕時計

友人宅におじゃますると、娘の〇ちゃんとご対面です。 前に会ったのは今年のお盆のことですので、およそ3ヶ月ぶりです。その時は、はじめはかなり警戒していてこちらを覗き見ては伏せる、という繰り返しから、徐々に意気投合していったという記憶があります…

チューニング

よくよく考えると出張ついでに人に会うというのが、今の私の最大の楽しみかもしれません。予定が入った日の前日、午前中にもう一つの予定を入れて、昼過ぎからはお楽しみタイムの始まりです。まずは私が大学時代を過ごした土地に住む友人宅へ。 育休中の友人…

シット・アンド・ダウン

自分の手で物を創るとか、形として残す、あるいは作品と言ってもいいのかもしれませんが、そういった類いのことが上手にできる人たちには尊敬の念を抱かずにはおれません。学校の授業で言えば、図工、音楽、美術、書道、あるいは国語も一部そうでしょうか。 …

先駆けと殿

イベントごとが次から次へとやってきて、なにかと慌ただしい日々が続いていました。またすぐに次のイベントがやってくるので準備しないといけないことはまだまだあるのですが、思い切って丸一日休養日にしました。 紅葉の秋、さほど興味もないのですが、車で…

暗闇の中の微動

毎年何かしらの形で手伝っているイベントがあり、主催ではなくあくまで協力団体の一つとしてではありますが、ここ数年はかなり運営の中心的なところまで入り込んでいます。というのも、主催する団体がなかなか組織としての一体感がなく、結局のところその中…

あきらめたらそこで試合開始ですよ・・・?

もう6回目ともなると、さすがの私でもだいぶ慣れてくるもので、事前の準備も当日の動きも、さほど大変とは感じないようになってきました。一方で、慣れというのは人間の持つ習性のうちでも最も恐ろしいもののひとつだとも思うわけで、慣れてきたときほど気を…

徐々に淡々と近づく駅に

楽しい旅の2日目の朝は早いものです。 朝食もビュッフェ形式ですが、混み合うために宿泊者別に時間帯がわけられていて、私たちは早い時間帯での朝食となっていました。眠い目を擦り朝食会場に行くと、朝は朝で素敵な料理がずらりと並びます。晩にあれだけ食…

ボイス・オブ・バカ

その日、眠りについたのは、朝日が昇ったあとの駅前の漫画喫茶でした。眠ったか眠ってないかというころにアラームが鳴り、しばしばする目を擦りながら会計を済ませると、駅前で友人の車を待ちました。ずいぶん前から楽しみにしていた友人宅への宿泊は土壇場…

二ヶ月早い師走

大学時代のゼミの先生には、とても大事なことを教えてもらいました。卒業後も不定期ですが、平均すると年に1回くらいのペースでは会っています。 毎年、現役生からOB・OGが一堂に会するゼミ総会が開かれているのですが、私は地方に住んでいるため、なかなか…

隣人の自分

とあるイベントがあり、隣の県まで行きました。隣の県と言ってもずいぶん遠い。 3日間のイベントですが、初日は所要のために欠席。翌日から参加するために、初日の夜に現地に入りました。予定より早く着いたので、チェックインを済ませて一人食事に行きまし…

無縁、海と空

朝一の仕事をサッとかたずけて、その日、島に行きました。 半島の端までは車で、そこから15分ほど船に乗ると小さな島に着きました。 港の正面に立ち並ぶ店とは別に、少し離れたところにも何件かあるようで、お昼はそちらに向かうことに。お腹がすいていると…

あれもこれもバラバラな日々

自分でも不器用な方だとわかっていますが、ここまで空転するとなると、本格的に問題です。できるだけいろんなことを同時にうまいこと回していきたいと思うのですが、なんとも回転がかみ合わないようです。 ここ3ヶ月ほど、いろんな方向に気持ちと頭とが持っ…

こんなんでごめんなさい

年に一度のこの日が、今年もやってきました。 とある時期のとある組織のメンバーとその組織の今のメンバーの多くが集まります。一年に一度、あらためてなにかを確認する日でもあります。 今年は例年あまり来られなかった方も来られていたり、毎年この日に会…

なかなか予定通りにはいかないものです

とある映画が気になっていました。 わりと私の好みのジャンルの映画と誤解されやすく、私の好みの監督作品と誤解されやすいのですが、むしろ苦手なジャンルでまったく気にしていなかったのですが、私の好きな作品の作者が自身の作品と絶妙にリンクさせながら…

一番一択

この友人夫妻とは、なんだかいつもつかみどころのない話をしているような気がするようで、なんだかいつもつかみどころがなくてもつかめるような話をしているような気がします。 今回は私の近況を探る、ということからスタートしました。ちょうどこのブログを…

ディスイズ〇

夏の終わりか秋のはじめか、それくらいの時期に、出張ついでに寄ろうと思っていた友人夫妻が、一足早く夏も盛りのお盆にこちらにやってきました。奥さんの実家は私の住む街の隣県なので、里帰りの何日かのうちの1日を空けてくれたようです。娘の〇ちゃんが…

リバーサイド・ジェントル

地元の老舗旅館はどことなく敷居が高い印象があり、もちろん地元だからということもありますが、これまで宿泊したことはありませんでした。 知人がそこに宿泊したようで、その話を聞くと、そこらのビジネスホテルとさほど変わらない金額で宿泊でき、さらには…

モノマネ

書き物に関わる仕事をしている方と一緒に仕事をする機会があり、一段落したところで一席設けていました。その方は書き手としてではなく、今は裏方として尽力しているのですが、その方は今回の仕事のメインでもある書き手の方と一緒に仕事をするために、文章…

教科書が降ってきた

ずいぶんと昔からある全国的な組織は、各地域ごとで活動しています。知人からその組織に入らないかというお誘いを受けました。私は以前、何度か仕事でその組織と関わったことがあり、組織としての理念的な部分には共感するものがありましたが、そのメンバー…

がやがや、どかどか、ざわざわ

とある地方の伝統的なお祭りに行くことになりました。知人が家族で行くとのことで、私ともう1人共通の知人を誘い、また現地では知人の奥さんの友人が合流するとのことでした。 私はお祭りが好きではありません。人が多いのが苦手で、どのように楽しめばいい…

180°回ってから360°見渡してみる

今の仕事をスタートさせて4年目に入りますが、一昨年、去年と、人を雇えばいいのに、というようなことを幾人かから何度となく言われるようになりました。それが口で言うほど簡単なことではないことを私はひしひしと感じていました。もしかするとそれが一番…

気体から個体になること

昨年夏に公開された映画、私は当時観に行こうかとても迷っていました。前評判も高く、私も興味がある分野の映画でしたので注目していましたが、結局観に行きませんでした。理由はこの作品の監督の映画が3作ともに高評価を得ているのですが、私はどれもこれ…

5番の旅人とバツイチラジオ

ひとまわりほど年下の知人、各地を歩き回っているのですが、久しぶりに地元に帰ってきたと連絡があり、共通の知人を含め3人で食事をすることになりました。 私が最近いかがなものかと思う出来事について話をしたところ、その知人は同意し、もう一人の知人は…

伏兵の満塁ホームラン

最寄駅から球場までは歩いて20分ほどだったでしょうか。田舎の車生活にすっかり慣れてしまっている私は、普段20分も歩くことはほとんどありません。近くのコンビニにも車で行ってしまう、それがあたりまえになっています。にもかかわらず、球場までの道のり…

ローリング・ディスカバリー

久しぶりの野球観戦となったのは、招待チケットが余っているということで知人に2枚もらったからです。しかしてこの2枚というのが曲者です。ここのところ、どこかに出かけるときは一人で行くのが基本となっていて、食事は複数人で行くことはありますが、そ…